掃除して綺麗になって「まあ!気持ちいい‼」となります。が、昨今はそこに「除菌」が乗っかってくるのではないでしょうか。

世の中には「除菌洗浄剤」という物もあります。

ただ、洗浄剤自体が界面活性剤が入っていてそれが汚れと共にそこにある菌やウィルスも取り去ってくれると思います。では、なぜ除菌洗浄剤??

各社の商品を見てまとめると【さらに除菌力を強くしたのでご安心ください】だと思います。

確かに、除菌力が強いと聞くと安心感が違う気がしますよね。特にこれからの季節は掃除をする場所によっても除菌しておきたいと思います。

では、「除菌成分の入った洗浄剤じゃないとだめなの?」という疑問。

いえいえ、大丈夫です。先ほども書いた通り界面活性剤が入っていて汚れと一緒に菌も退治してくれています。ただ、スポンジなどが菌菌パラダイスになっていると、その菌達を塗り込んでしまう可能性もあるのでそこに除菌成分が入っていると安心です。

が、特に入っていなくてもやり方はあります。

ジャジャーン、GSE(グレープフルーツシードエキス)の登場です。掃除のあとにシュシュっとスプレーしておけば、残った菌も除菌しながら、なんとそこを抗菌してくれます。その場限りの除菌でないGSE(グレープフルーツシードエキス)だから、更に更に更に安心です。

特にキッチンでは天然で既存食品添加物のGSE(グレープフルーツシードエキス)が大活躍!お掃除したら全体にシュシュっとスプレーで仕上げです。特に大変な作業でもなく、まんべんなく抗菌仕様のできあがり。

私的にGSE(グレープフルーツシードエキス)仕上げのお掃除は

  • 玄関
  • トイレ
  • お風呂
  • 洗濯機
  • キッチン
  • 洗面

上記の場所はマストでシュシュっとスプレー仕上げしています。

GSE(グレープフルーツシードエキス)を使って快適な抗菌空間にしてみませんか?というお話でした。

その他の記事