週間天気予報や月間天気予報に傘マークが増えてきたなぁと感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。梅雨といえば雨、じとじと、不快指数MAX、髪の毛ぼわんっ、カビなどなどなど。紫陽花や湿度が高いのでお肌に優しかったり、紫外線が少なかったりと良いところもある梅雨ですが、1年中梅雨であって欲しいとは思わないかな、と。実際いろいろな所でアンケートを取っている模様ですが、概ね7~8割の方が「梅雨は嫌い」とお答えのようです。

梅雨が嫌いな理由は

  • 湿度が高くて蒸し暑い
  • 洗濯物が外に干せない
  • カビや食中毒が心配
  • 外出の予定がたてづらくストレスが溜まる
  • 髪の毛がふくらむ・セットしづらい

などが上げられています。ワカル~です。でも、これいくつかはGSE(グレープフルーツ種子抽出物)がお手伝いできるかもしれません!

【洗濯物が外に干せない】ってことは、部屋干しになり、臭う~です。これってモラクセラ菌の仕業です。以前にもモラクセラ菌について書きましたが(そのブログはこちら)モラクセラ菌のフンの被害でした。GSEがお手伝いできる案件です。

【カビや食中毒が心配】お任せください!得意分野です。まずカビですが、できれば梅雨の前に前処理できるとなおよろしです。北向きの壁や場所、お風呂の天井、水回り。。。一度、カビを落とした後にGSEを吹きかけて乾かす乾かす!でコーティングです。ポイントは乾かすこと。できれば何回か繰り返すことでさらにコーティングできます。

食中毒を予防するためには、調理後に菌が繁殖しないように気をつけることです。調理器具をGSEで除菌しておくことでリスクを減らすことができます。もちろんGSEは既存食品添加物。混ぜ物のないGSEならば洗い流す手間もなく、抗菌もします。以前のブログで食中毒お弁当のお話を書きましたので、併せてどうぞ。つまるところ、まな板や包丁や鍋釜をはじめとする調理器具をGSEで除菌し、調理後の保存に気をつけるということですが、除菌しておくのと、していないのではリスクの大きさが違います、と言うことです。

【外出の予定がたてられない】GSEで予定はたてられませんが、お出かけ時に少しだけお役立ち情報です。梅雨に入ってしまうと濡れた傘を乾かす暇がありません。だんだん傘が黒ずんできたり、ちょっと臭ってきたりといったことがありませんか?それは菌や真菌の仕業です。傘を使って帰宅した後、乾かさなくても玄関で自分除菌の時に傘も一緒に除菌除菌。さっとGSEをスプレーしておくだけです。

GSEはグレープフルーツ種子抽出物で、種から抽出したオイル状の物。お水をかけるよりほんの少し油分がありますので、傘のコーティングにも良いのです。抗酸化作用で錆びにくい特性もありますから、金属部分も安心です。

梅雨の不快感を少しだけ上向きな気分にさせてくれるGSEは、思っていたよりも役に立つパートナーなんですよ~というお話でした。

その他の記事