交差汚染とは。

交差汚染とは病原菌の汚染度が高いものが、汚染度の低いものに接触することによって広がる汚染のことです。基本的に食品を扱う事業者に対してこの交差汚染を起こさないために、改正食品衛生法によって「HACCP導入の義務化」が始まりました。

HACCPとは、事業者などに向けた衛生管理の国際的な手法です。なにせアポロ計画の宇宙食の安全性を確保するために発案された衛生管理手法なのですから、国際的です。

概要:

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

交差汚染は家庭でも起こる可能性がある。

家庭での交差汚染が起こりやすいのは、人からの汚染とまな板での汚染です。まずはしっかり手を洗うことは、いついかなる時でも大事です。

そしてまな板での汚染とは、生肉や生魚などをまな板上でさばいてから、別の物を切ったり一旦置いたりすることで、汚染度が高い生ものから汚染度が低い物へ汚染が広がる状態です。一番多い交差汚染は生肉や生魚から生野菜です。

汚染度が高い食品をさばいたまな板をさっと流して汚染度の低い物をさばく。流したくらいでは除菌しきれておらず食中毒へつながることがあります。

キッチンで使うグレープフルーツ種子抽出物

既存添加物(食品添加物)のグレープフルーツ種子抽出物はキッチンと親和性が高く、特にまな板や包丁といった調理用具にも使い勝手の良い物です。野菜の洗浄にも使えます。

基本的に汚染度が高い物は後から処理をするのは当然ですが、一つ一つの区切りに通常の洗浄に加えてGSE(グレープフルーツ種子抽出物)をスプレーする事で、食中毒のリスクを下げることができます。

家庭での交差汚染は食品関係の事業者とは違い、大事になっても内輪のことかもしれませんが、食中毒の種類によっては大変な事になります。事業者は食中毒一つで大事になりますので徹底した衛生管理をしています。どちらかというと家庭の方が大雑把な対応かもしれません。

そのような理由から、交差汚染についても事業者が実行していること、考えていること、気をつけていることをマネをすることで「大難が小難」で済むかもしれません。

GSEユーザーのつぶやき

食中毒には様々な種類がありますが、今回は交差汚染についてのお話でした。家庭内の除菌でも、アルコールや次亜塩素酸水には備えていない抗菌性がある製品を選ぶ事をおすすめします。除菌と抗菌を一度に済ませられるので、従来のアルコールや次亜塩素酸水で除菌する時と手間は変わりません。おすすめする理由はもう一つあります。

人それぞれで、好き嫌いがハッキリ分かれるひとつに臭い(匂い)があります。消毒用エタノールと塩素も、好き嫌いがはっきり分かれる臭い(匂い)です。好きな人には、数年前からこの消毒臭とともに始まった除菌生活はそれほど苦ではないはず。GSE(グレープフルーツ種子抽出物)の除菌剤は、実はもういい加減に消毒臭を嗅ぎたくない人や、体質的に気分が悪くなる人に薦められる商品です。

もしも消毒臭が受け付けないと感じたらGSE除菌抗菌剤を使ってみてください。家庭内のどこもかしこも無臭で除菌にできる良さはすぐに分かると思います。除菌機能が同等かそれ以上あるので、臭いのないアルコールや次亜塩素酸水を使っているのと同じ事です。GSEは更に抗菌がプラスされるので、それ以上と言えますね。