食中毒はお弁当箱の中だけじゃない、現場でおこってるんだ!いえ、至る所で起こりうることです。そこに菌がいるならば~です。

言わずと知れた、食中毒が起こる理由は菌やウィルスの増殖により、食材が傷んだり、身体に菌やウィルスが侵入し増殖したりすることで起こります。

食中毒の三箇条は

  1. つけない
  2. 増やさない
  3. やっつける

です。

  1. 適宜除菌をし食材や食器などに菌を持ち込まず
  2. どんどん分裂させず
  3. 除菌・消毒してしまう

ということですね。

  1. 「つけない」は事前準備でしっかり除菌をすることでクリアできます
  2. 「増やさない」は分裂してどんどん増える前に除菌しましょうということ
  3. 「やっつける」は2と被りますね。増える前にやっつけましょうと

つけない・やっつけるはシュシュッとスプレーで解決できます。できましたらGSE(グレープフルーツシードエクストラクト)ならば抗菌するのでより良いのではないでしょうか。

では「増やさない」ですが、菌の増殖スピードはどのくらいでしょう。

菌の種類にもよりますが、体温くらいの温度と適度な栄養があると、大凡20分くらいに1度分裂します。

早っ!!20分ごとの倍々ゲームです。

あっという間に危険水域まで来てしまいますね。目には見えない大きさですが、目に見える早さで分裂していくのです。

そんな分裂スピードに「待った」をかけてくれるのがGSE(グレープフルーツシードエクストラクト)です。

事前準備の段階からGSE(グレープフルーツシードエクストラクト)をシュシュッとスプレーしておくことで、除菌後抗菌し、浮遊菌が降り注いでも撃退してくれます。

食中毒にもGSE(グレープフルーツシードエクストラクト)が思いのほかベストマッチングだというお話でした。

その他の記事