酸性・中性・アルカリ性と、洗剤にもあるように汚れや臭いにもPH(水素イオン指数)があります。

例えば、カビの臭いは酸性です。消臭にはアルカリ性の重曹などの消臭剤が合います。

反対にアルカリ性の臭いの例はアンモニア臭など。これにはクエン酸がマッチングです。

確かに、そう考えるとお掃除でのオススメとぴったり合いますね。

ということは、使い分けなければならないのでしょうか?

ここで登場させるしかないのが、GSE(グレープフルーツ種子抽出物)です!。そう、以前も尿臭やカビ臭の記事を書いていますが、GSE(グレープフルーツ種子抽出物)は臭いのPhを選びません。

GSE(グレープフルーツ種子抽出物)が消臭できないものは人工物の臭いです。合成された香水などはGSE消臭には向きません。

それ以外の、菌カビウィルスがいたずらした臭いならば、お任せください。

GSEをシュシュッとスプレーで除菌消臭なうえに、持続もします。

その臭いは酸性?アルカリ性?わからない??

悩まなくても大丈夫。GSEで快適除菌消臭生活です。

その他の記事