悪臭、いろいろな種類の臭いがありますが、本来の意味での「悪臭」から個人での好き嫌いによって感じる「悪臭」まで。時として臭いは我慢ができないほどストレスになります。

その悪臭をやっつける消臭、それにはどのよう方法があるでしょうか。

大きくわけて4つあります。

  1. 物理的・・・においを吸着させる
  2. 科学的・・・化学反応によって中和や分解させる
  3. 感覚的・・・香りをつける
  4. 生物的・・・雑菌の繁殖をおさえる

具体例は

  • 吸着は活性炭などが代表です。時間をかけて吸収していき、臭いを和らげます。
  • 化学反応は重曹やクエン酸を使ったり、お茶やコーヒー滓を使った物です。
  • 香りをつけるやり方には2種類あって、悪臭より強いニオイを使う「マスキング法」と悪臭も良いニオイの1部として取り込む「ペアリング法」です。
  • そして、4つ目が我らがGSE(グレープフルーツ種子エキス)が大活躍の除菌によって消臭するやり方です。

臭いの元を絶つ、というCMが昔ありましたが、除菌で消臭はまさにソレです。悪臭を放つ菌を撃退し、臭いをなくすやり方です。

中和や分解も元を絶ちますが化学物質を使うことが多く、GSE(グレープフルーツ種子エキス)は天然成分で除菌消臭するので、人にも地球にも確実に優しいのです。

ちなみに重曹はPhが8.2くらいなので安心ですが、クエン酸はPh2くらいになってしまうので刺激が強いですね。お気をつけください。そして重曹とクエン酸は混ぜないでくださいね。

GSE(グレープフルーツ種子エキス)は製品にもよりますが、ほとんどが中性から弱酸性です(裏書き必見です)。刺激もありませんから安心して消臭できます。

そして、GSE(グレープフルーツ種子エキス)は抗菌性能が高いので、消臭も持続的にされるということです。

刺激も無い、混ぜるな危険もない、取り扱いも簡単で、持続的な消臭が期待できる。ストレスフリーな快適除菌消臭生活のお供にぜひGSE(グレープフルーツ種子エキス)はいかがでしょうか・・・というお話でした。

その他の記事