ルンルンドライブが一転、車酔いなどに襲われて地獄のドライブになる、、、と嫌ですね。車酔い、頭が痛くなる、気持ち悪いなどなどなど。

そんな不調の原因の一つに「車の臭い」があります。車輌は比較的年数が経ってくると「臭い」という見えない住民がいるような。。

原因はいろいろあります。

  • タバコの臭い
  • ペットの唾液や粗相のにおい
  • 食べ物のにおい
  • カーエアコンからの臭い
  • 汗や体臭
  • 車内にキノコが生えている

などが、よく言われる原因です。

上記の原因の中で、1つだけ色合いが違うのがカーエアコン。このカーエアコンは専門業者もいるくらいなかなかの強者のようです。なので、カーエアコンに関しては横に置いておいていただけますと幸いです。

その他の臭いに関しては、基本的にシートやフロアマットなどの布部分に染み付いて悪臭を発しています。食べこぼしやペットから放出される水分達、乗車する人の汗などはシートに染みこみます。タバコや臭いの分子が車内の布製品に染みこみます。それらがコラボレーションして不快な臭いになります。

そんな臭いに対して芳香剤は数多く売られています。ほのかな悪臭なら、良い匂いでカバーするのも一つの手です。でも、昔から言いますよね「臭いにおいは元から絶たなきゃダーメー!」byジョンソン トイレの消臭剤『シャット』

しかし、除菌で取れる臭いと除菌ではどうにもならない臭いがあります。いわゆる菌が繁殖して悪臭を放つものは「取れる臭い」、科学的に合成された香水のようなにおいは「取れない臭い」です。

車内の臭いはどうでしょう。

基本的には「取れる臭い」に分類されます。車内の布地部分で菌が繁殖しているのです。

使う除菌剤はGSE(グレープフルーツ種子エキス)がよろしいでしょう。無臭で無刺激なので、布にかけても安心です。そのうえ抗菌するので効果も長続きします。抗酸化作用もあり、車の計器類への影響もアルコールや次亜塩素酸水より少ないと言われています。

ただ、今回は影響が少ないとはいえ計器類や電気製品が多用されている車内ですので、できるだけ細かいミストが良いと思います。そしてできるだけ計器類へ噴霧しないようお気をつけください。

シートやマットなど布地部分へシュシュっとスプレーで除菌消臭、そして乾かせば抗菌です。

私の経験上、臭いが激しい車には数回にわけてスプレーする必要がありました。結果は車内の空気が変わった感じがするくらい効果を私は感じました。

だんだん気温が上がると臭いのレベルも上がります。魔王レベルになる前に、GSE(グレープフルーツシードエクストラクト)レスキュー隊が駆けつけて「元を絶つ!」、そんなお話です。

その他の記事