足もクサイが靴下もクサイ。そんな時に限ってお座敷に通される、なんて悲しいことも起こります。

確かに、足の臭いの原因は菌の繁殖。そして臭いの成分は主にイソ吉草酸と呼ばれる脂肪酸です。ちなみに私的には「イソ吉さん」と呼んでいます。ちょっとおっちょこちょいなイメージです。

いつもの繰り返しになりますが、菌は温度と湿度と栄養で増殖します。足は裸足の時ではなく、包まれて蒸れて臭くなっていきます。足の菌は汗や垢のような汚れなどで増えていき、臭いを発します。

ということは、帰宅など足を洗える状態であれば石けんで洗えば良いですし、靴下も洗濯すれば臭いはなくなります。

が、問題は外出時。お座敷に通されたりした時に気になるのは靴下が臭うのでは!とか、ストッキング越しに臭いが~‼などではないでしょうか。一瞬で消したいです!

おなじみのGSE(グレープフルーツシードエキス、とも呼ばれていますね)は除菌します。そして臭いに強いのです。

どうぞ、携帯用として持ち歩きできるスプレーボトルで持ち歩いてください。そして、お座敷に上がったらシュシュっとスプレーです!これからの季節はスプレーすることで、湿ってはしまいますが、少し涼しさもプレゼントされますので心地よさと消臭のセットでご使用くださいませ。

消臭スプレーで香り付きの物もありますが、抑えられる臭いであればよろしいですが、コラボレーションされて大変なことに、、なんてことも起こりえますのでお気をつけください。グレープフルーツシードエキス(GSE)は無臭で消臭します。

携帯除菌剤としてだけでなく、携帯消臭剤としても使えるグレープフルーツシードエキスは無臭・無刺激のうえ、色落ちなどもさせないので安心して布物にも使用できますね・・・というお話でした。

その他の記事