赤ちゃんは五感が未発達で、強いて言うなら「舌」が一番発達しています。なので視覚や触覚でどんな形や感触をしているのかを確認しづらくあまり理解できません。 ただ、赤ちゃんは生まれてすぐから母乳やミルクを飲むために舌が発達しているので、口は情報を得るための大切な部分です。

と、言うわけで赤ちゃんはなんでもかんでも口に入れて、確認作業をしている、というのはよく知られていることと思います。

ご時世もあるのでしょうが、保育園さんや知り合いのママさんにも、おもちゃなどの除菌の相談をよく受けます。

保育園の先生などは、園児が帰ったあと、アルコールで一つ一つ除菌をしている方も多く、アルコール臭にやられ、手荒れも進み、そして園児が口に入れるので細心の注意を払う、と仰っていました。

他にも「次亜塩素酸水ならば安心かなと思って」と家では次亜塩素酸水で除菌しているそうですが、時間が経つと「これって今はどうなのか?」と心配になるとも仰ってます。

そうです。アルコールも次亜塩素酸水もどちらも除菌できています。

でも、私がオススメするのはもちろんGSE(グレープフルーツシードエッセンスって言う言い方もあるらしい)です!

違いは【抗菌】性能と安心感、そして手間いらず。

  • スプレーをかけてほっとくだけ
  • 天然の既存食品添加物だから安心(混ざり物のないGSEに限る)
  • その後ずっと抗菌が続く

臭いもないので、作業中も快適です。

できるだけミストになる物が良いと思います。シュシュっとスプレーして乾かしておく。これだけで抗菌コーティング完了です!

どんどん触ったり口に入れたりでいろんな物を確認して、楽しく大きくなって欲しいものです。うちの娘もよく私の指や腕を食べてたなあ・・・。あの頃GSEがあったなら、私は自分をコーティングしたのかな、と真剣に考えてしまったお話、ではなく、手軽に安全と安心を手に入れるのにGSEが活躍しますよ、というお話でした。

その他の記事