GSEは既存添加物(食品添加物)です。

GSE(グレープフルーツ種子抽出物)が該当している食品添加物の種類のひとつ「既存添加物」は、指定添加物(次亜塩素酸水など)と違い、洗い流さないで使用できる食品添加物です。従ってキッチン用品ととても親和性があります。食品側でも天然の防腐剤として使われているGSE(グレープフルーツ種子抽出物)は、食器や食材のあるキッチンでスプレーしても安心です。

GSEは海外ではサプリメントで使用されています。

GSEで除菌抗菌ができる調理用具

調理用具といえば多岐にわたりますが、代表的な物は、

  • まな板
  • 包丁
  • 鍋やフライパン
  • おたまやフライ返し
  • ボウルや計量カップ

今は便利な物がたくさんありますので、書き切れません。

そして素材がいろいろあります。

木やプラスチックやシリコン、ゴムなど

まな板・お玉やフライ返し・ボウル・計量カップなど。

金属系、ス鉄・銅・アルミニウム・ステンレス・フッ素樹脂加工など

鍋・フライパン・包丁など。

調理用具のお手入れは、洗って清潔にすることで道具を長持ちさせるということと、除菌をして食中毒を予防するという役目を担っています。GSE(グレープフルーツ種子抽出物)の除菌抗菌剤は、対象物を酸化させる成分が入っていません。

GSEでスポンジの除菌抗菌

調理用具は、食器用洗剤とスポンジでしっかり洗ったと思っていても、見えない菌が残ってる場合があります。菌が残る理由は、洗い残しで食材のカスが残ってしまった物に、菌が繁殖するケース。もう一つは食器用スポンジです。

このスポンジから移り住んだ菌の繁殖も侮れません。最後にGSE除菌抗菌剤でスポンジも抗菌すると安心です。

除菌

除菌方法はいろいろあり、厚生労働省からも調理施設向けのマニュアルも出ています。

基本的に

  • 煮沸
  • アルコール
  • 次亜塩素酸ナトリウム

などが推奨されているようです。

しかしここでGSE(グレープフルーツ種子抽出物)が大活躍します。

GSEの除菌は簡単、洗い終わった調理用具にシュシュッとスプレーしていくだけです。そのまま乾かせば抗菌コーティング完了。既存食品添加物は洗い流す必要はありません。そのまま成分が残って抗菌してくれるので安心です。

調理中もこまめに除菌をすることで食中毒のリスクは減らせます。