グレープフルーツ種子抽出物はトイレ掃除と相性が良い。

グレープフルーツ種子抽出物(GSE)は、細菌が原因の臭いやアンモニア臭をGSEの成分だけで除菌消臭します。GSEはその瞬間だけの消臭や除菌だけでなく、菌が増えない状態を維持できるので、トイレの掃除と相性がとても良い成分です。

家庭用のGSE除菌抗菌剤を、猫のトイレ消臭に使う時の注意。

猫がいる環境でGSE除菌抗菌剤を選ぶ時は、成分に果皮果実を含まず、水だけで希釈されたものを選ぶと、人と猫の両方のトイレで除菌消臭に使えます。正しく製品を選べば、家庭内や猫のトイレ掃除で使用したGSEを猫が毛づくろいの時に舐めてしまっても心配ありません。家庭内の様々な場所の除菌抗菌消臭や、加湿器に入れるものと共用して活用できます。

○○用と種類やボトルが増えると大変です。1種類でまとめられると、うっかり間違えてしまう危険も回避できます。

製品にアルコール成分や動物に害がある成分が使われていないか、製品ラベルやメーカーのWEBサイトで確認してください。GSEは汎用性が高く様々な成分に添加されて使用されています。手元のGSE除菌剤がそのままペット周りに使用できるとは限りません。

内容:猫に対してのアルコールの危険性とそれに伴ってアルコール除菌のリスクも解説。

GSEは無臭で無刺激。猫が嫌がらない。

GSE水溶液を成分とするスプレー(他の成分が入っていない製品)は、無臭で無刺激です。GSEは既存食品添加物でなおかつアレルゲンがありません。肌蛋白質を破壊しない性質です。除菌剤が人の手に触れる事があっても安心です。さらにそのGSEがついてしまった手をペットがなめてしまっても問題はありません。

猫は好き嫌いがはっきりしていますが、飼い主さんからは全く嫌がりませんと感想をいただいています。

ペット周りでGSEの便利な使い方。

トイレシーツなどにもシュシュっとスプレーしてください。スプレーがかかった場所はピンポイントに近い状態で除菌消臭します。うんちさんは一旦GSEでカバーしてから処理をするための消臭と考えてください。

ケージ周りやペットのおもちゃなどにもご使用いただけます。