外から帰ってきたら、手洗い・うがい。これって小さな時から言われていたし、実践してきたことです。玄関は結界、まさに神社の鳥居のような大事な場所だと思います。

なぜなら、外で付着した汚れやばいきんを家や建物の中に持ち込まないためです。もう本当に当たり前で、日々行ってきたルーティーンです。疑問もありません。

外と内のゲートとなるのが玄関。その玄関でできるだけ菌やウィルスを除去できたら、それが一番お手軽に手に入る安全ではないでしょうか。

玄関で意外と見逃しがちなのが実は靴裏です。「玄関入ったら靴裏除菌」。これって工場や酪農などの、衛生にとても気を使っている業界では皆さんがやっていることであり、【当たり前のこと】なのです。

食品工場や酪農の小屋前に靴裏の消毒液が置いてあるのを見たことあるのではないでしょうか。バシャバシャと消毒をしてからでないと中に入れません。それこそ、ちょっとした油断で感染病や汚染、なんてことになったら被害甚大ですから、必ず靴底消毒してらっしゃいます。【外から持ち込まない】を徹底してるのです。

同じ事を身近な所でもぜひしてください!そう、玄関です。

外から中へ入る時、シュシュっとスプレーで簡単に除菌できますよね。その場合の除菌剤としてオススメするのはGSE(グレープフルーツ種子抽出物)です。

なぜなら、

  • 玄関入って除菌剤の臭いでクラクラしません。無臭でさらには消臭も。(さわやか~)
  • アルコールは火気厳禁で危険ですが、GSEは不燃で安全です。飛行機にだって乗せられます。(安心~)
  • 抗菌するので、靴裏の抗菌だけでなく、なんと玄関の三和土も抗菌します。三和土が玄関マットに変身。(優秀~)

実際私も実践しておりますが、手間だと思うこともないくらい簡単です。

ぜひ内側を安全地帯にすべく「玄関入ったら、靴裏除菌!」の実践にはGSEがオススメというお話でした。

その他の記事