ニオイに対する価値観の違い

スメルハラスメント(スメハラ)とは、口臭や体臭、食べ物、タバコなどのニオイで周囲の人に苦痛を与えるハラスメントです。スメハラは加害者に悪気がないことが多く、知らぬ間に加害者と言われてしまうこともあるハラスメントです。

加害者と言われる状態は性別や年齢に関係なく、何かしらの強めのニオイを発することで言われます。「香害」が発展して嫌がらせの感情を被害者が持つことで「スメハラ」になるのでしょうか。多くは職場などのコミュニティで起こります。

グレープフルーツ種子抽出物で対応できるニオイ

スメハラで問題になるのは

  • タバコ
  • 口臭
  • 体臭
  • 香水
  • 柔軟剤
  • ニンニクなどの匂いの強い食べ物

などがあげられます。

口臭の直接の対策は、GSEが雑品(医薬品・医薬部外品ではない製品)なので法規的に口の中の使用を推奨できかねますが、マスクにスプレーして装着していただくことで、間接的にお役にたてるかと思います。

  • タバコ
  • 体臭
  • ニンニク

香水は合成のものは不可ですが、天然成分の香水は一部対応できます。

ニオイを醸し出す方は、上記で書いたようにGSE(グレープフルーツ種子抽出物)水溶液でスプレーをすることで緩和できるニオイが数多くあります。

無臭で消臭して、火に油を注がずに鎮火。

ニオイを吸う側もGSE(グレープフルーツ種子抽出物)水溶液なら無臭なので、気になるニオイを消臭しても、余計な匂いはつかないから安心です。ニオイの上にニオイを重ねて、具合がさらに悪くなることがありますから。

それが1人だけじゃなくてニオイ重ねさんが何人もそこら中にいたらもはやカオス。加害者と被害者のギャップは果てしなく広がってしまいます。いろいろな要因で匂いによるトラブルが発生します。

内容:企業として難しいスメルハラスメントへの対応の例

ある人にとっては気にならない匂い、好みの匂い、嫌いな匂いなど、同じ匂いに対しても意見が割れることもよくあります。そんなときにさりげなく消臭やニオイの緩和ができるといいですね。

そんなお手伝いをGSE除菌抗菌剤でさせていただけたら、と思います。