暑さ対策で被る帽子があれば、帽子が好きな人は季節を問わず被る帽子。帽子じゃないのに帽子にさせられてしまう帽子。いろいろな気に入られ方をされている帽子さん達がムンムン蒸れ蒸れの汗で臭ってしまう前に、GSE(グレープフルーツシードエクストラクト)が予防をします。というお話。

頭も汗腺があります。「すっごい汗かいちゃったよ」ってくらい汗かきますよね頭。体の他の部分と同じように、エクリン腺とアポクリン腺から汗が出てきます。ぷしゃーっ!。

アポクリン腺から出た汗はニオイますが、頭の汗は大部分がエクリン腺からの汗なので、基本的にはあまりニオイに悩まされることはありません。それなのに帽子が臭う場合があります。ここから我らが常在菌さん達が関係してきます。頭も身体と同じく、常在菌で守られています。通常は。そう、通常の量ならば。

汗をかく→常在菌さんが増殖する→皮脂が分解される→臭う。

ニオイはニオイで困りますが、常在菌さんが増殖し暴徒と化したことで炎症を引き起こし、それが原因となった抜け毛には更に困ってしまいます。頭皮のお話を今度しっかり書きますが、結局のところ、頭皮を清潔に保つ事が大切なのです。

・・結局一番キレイ好きなのは、他でもない常在菌さん達ってことになるのでしょうか。

余談はさておき、雑菌が頭から汗とともに帽子へ移ってしまうと、そこでも増殖を続けることで帽子も臭ってしまいます。そうなってしまっても、そうなる前でも、清潔を保つには洗うしかありません。洗える帽子は、注意書きに沿って洗ってGSEをかけて乾燥させます。

洗濯できない帽子は、汗をかいて濡れた場所や頭との接点を重点的にGSEをシュシュッとスプレーです。スプレーすることで、ニオイを消臭と除菌抗菌をします。

ちょっと多めにスプレーして、ペーパータオルなどで拭き取ると、帽子が吸い込んだ汗や雑菌の大半をペーパータオルで処理することもできますので、洗濯できない革製品以外(お水NGの物以外)の帽子にはオススメです。

夏だけでも夏以外でも、長く長く被りたいお気に入りの帽子。GSE(グレープフルーツシードエクストラクト)がお手伝いをします。

その他の記事