当たり前になってきた「マスク」「入口の手指消毒」「アクリルパネル」などなどなど。いくら当たり前になっても、それにストレスが無いわけではありません。早くマスクなしで歩きたい、とか手荒れがひどいから手指消毒が逆効果で傷になるから危ないのでは?という声も聞こえてきます。

他に大変なのは施設や学校などの消毒作業やいろいろな場面ごとでの除菌作業です。時と場合によっては細かな部分までや、場所によっては除菌剤を変えなければならないなど、通常業務を続けながら更に別に入ってくる除菌作業は、時間も身体も気持ちも大変です。。

このような作業を繰り返す辛さだったり、のしかかる見えないウィルスの駆除だったり、家族内での除菌や衛生に関する感覚の違いなどでも、ストレスを感じているのだとか。

以前に書いた(それはこちら)、本来は病気を治療する時に受ける感覚(過剰に冷たい消毒の感覚や消毒のニオイ)を、健康であるのに一日中受けなければならない事や、体質的に消毒成分を受け付けなくてもそれを強いられてしまう事は、前述した施設の方々が準備してくれた除菌剤を利用する側の立場のストレスですね。

どちらの立場にしてもストレスである事には変わりありません。それならGSE(グレープフルーツ種子抽出物)がオススメです。理由はシンプル。

  1. 刺激が無い(ひんやりこない ヒリヒリしない)
  2. ニオイが無い(消毒のにおいを嗅がなくてよい)
  3. アレルゲンがない(注:商品によっては果肉が入っている場合はアレルゲンがあります)
  4. 既存食品添加物(国も認める安全性)
  5. 抗菌するので繰り返しの作業の回数を減らすことが可能
  6. 800種類以上の菌・カビ・ウィルスへの有効性(こちら

抗菌性で回数を減らし時間を作り、既存食品添加物の安全性と刺激やニオイのない快適性で心穏やかな快適除菌生活を過ごしていただけるのではないでしょうか。

その他の記事