そもそも、おもちゃの除菌は何のため?

赤ちゃんから子供まで。おもちゃは年齢に合わせて楽しむものから発達を促す知育玩具までいろいろあります。一般家庭で、小さい子供が遊ぶおもちゃの除菌はどこまで必要でなのしょうか。

赤ちゃんは成長過程で口に入れたりすることで雑菌とふれ合って免疫を獲得していきます。だから神経質に除菌消毒しなくても良い、とされています。自宅ではおもちゃの除菌消毒は少し緩めに考えて良さそうです。幼児期からは免疫がある程度獲得しているのと、直接口にいれることが減ってゆくので、大人と変わらず適度な除菌で良いでしょう。

自宅の除菌は家族が気をつけて最小限の除菌をする、外では少し気をつけた除菌をする、というのが状況的に良さそうです。

内容:おもちゃの種類によって洗い方や除菌方法を細かく指示。いろいろな製品製剤を使わなければならない説明。

ただし昨今のような感染症に対しては別。自宅にお友達など別世帯の人や子供が来る、大人数が一緒に遊ぶ場所ではできるだけ「もらう・あげる」ことのないように、おもちゃの除菌消毒には気をつけたいところです。

おもちゃの除菌で気にすること

赤ちゃんは口に入れる、幼児期以降は手で触った後に目や口にダイレクトに菌を運びます。

ここで気にしたいのは、まずは子供の身体のこと。万が一、口に入っても目に入っても大丈夫なものが良いです。

そして次に考えるのは「手間」です。おもちゃは形が複雑な物もあれば、素材もいろいろ。数も多いです。除菌の手間は通常で考えるとかなりの労力を使いそうです。

グレープフルーツ種子抽出物(GSE)水溶液は心配なし

おもちゃの掃除は水拭きですか? クエン酸や熱湯消毒、希釈した次亜塩素酸ナトリウム液、またはノンアルコールのティッシュで拭き掃除ですか?。非耐熱のプラスチックやウッドのおもちゃは沸騰消毒できません。色落ちさせたくない布製品もあるので、材質によって除菌消毒方法を使い分けなければならないのが難点です。

一般家庭でも保育園でも、一定以上の衛生レベルが得られるのなら、手間数は少ないに越したことはありません。

除菌剤の成分については、化学物質やアルコールを赤ちゃんの口には入れたくありません。グレープフルーツ種子抽出物と水だけの水溶液は、天然の種子成分だけしか成分にない食品添加物(既存添加物)です。この成分は厚生労働省が安全性を検査しています。

万が一目に入ってしまったらどうでしょう。子供の視力に影響したりしないか心配です。「GSE水溶液の除菌抗菌剤」であれば無害で無刺激です。目に入った後のトラブルの報告はいまのところありません。(念のため眼科の先生にご相談ください)

GSE水溶液は手間がかからない。その理由は

多くの除菌剤は万が一口に入ることがある場合や、目に入ることを想定した場合、拭き取ることが推奨されています。アルコール消毒液は広範囲にスプレーすることは換気が必要となったり爆発炎上の恐れがあり推奨されていません。

保育園など、おもちゃや除菌対象が多くなってしまう場合は、除菌後のニオイも問題です。

グレープフルーツ種子抽出物は拭き取る必要がありません。既存添加物として口に入れる場合も拭き取りや成分を流す必要がありません。

ニオイもありませんし、爆発炎上の恐れもありません。

一度除菌すればそのあと抗菌するので、夜除菌すれば次の日も安心が続きます。

手間もなく、安心安全な除菌剤は優しい除菌剤で、赤ちゃんから子供、ペットでも心配なくご使用いただけます。

楽して快適、GSE水溶液の除菌抗菌剤です。