世の中は菌だらけです。共存もしているので当たり前です。ある程度の菌であれば共存もし、触れたり体内に取り入れてしまったとしても免疫があります。健康状態が良ければ免疫はよく働きます。

健康に日常を送れている状態(免疫力がある状態)が前提となりますが、必要以上の菌などに触れたり取り入れたりする必要は無いのでは?とも思います。

少しだけアンテナを伸ばして気をつける、が良いのではないでしょうか。

例えば日常に外で過ごす例として、外食があります。飲食店のような不特定多数の人が終始往来する場所では、菌の多い場所はいろいろあると思います。お店は最大限に気をつけて清潔を保っていらっしゃるとしてもです。共用部分で常時滅菌は不可能です。

お店側、お客側で、注意を補い合えば良いですよね。

ドアやテーブル、椅子など多数の方が触れる場所はもちろん注意をする場所です。

でも実はかなりの強敵は【メニュー】なのです。

テーブルなどはお客様が回転するたびに除菌や清掃されていますが、メニューはほとんどされていません。でも、必ずと言っていいほど手にはとりますよね。最近はタブレットタイプのメニューも増えています。

一概には言えませんが、メニューはトイレの100倍の菌がいると言われています。

でも、大丈夫!GSE(グレープフルーツ種子抽出物)の出番です。

メニューは紙の場合とパウチなどされている場合とあるかと思います。ティッシュなどにGSE(グレープフルーツ種子抽出物)をシュシュッとスプレーしてメニューを拭いてください。その場合、手に持つ所を重点的に拭きましょう。

GSE(グレープフルーツ種子抽出物)で拭くことで抗菌もしますから、次に使う方、そしてその次の方々も引き続き安心なのです。既存食品添加物でもありますから、より安心です。

お食事前はサッパリときれいで安心な状態で、美味しく楽しくいただきたいですね。そんな素敵なお食事時間のお供もGSE(グレープフルーツ種子抽出物)で。というお話でした。

その他の記事