GSE(グレープフルーツ種子抽出物)の除菌メカニズムがいろいろスゴい!というお話。【マメ知識】

GSE(グレープフルーツ種子抽出物)の除菌メカニズムがいろいろスゴい!というお話。【マメ知識】

GSE(グレープフルーツ種子抽出物)は「浸透圧」で除菌します。菌やウィルスを包み込み、浸透圧で中の水分を抜き取り不活化します。

しかし清潔にしたい対象にシュッ!と吹きかけても、菌などは水分を弾いてしまいます。そのままでは接点が小さく除菌効果が低くなります。ではどうするのでしょう?GSEには天然の界面活性成分が入っています。この界面活性成分が菌やウィルスを包み込み、天然のフラボノイドが浸透圧で中の水分を抜いて不活化します。

”ナノ”の世界の、協力態勢です。

GSEの、ある1つの成分が菌などを不活化しているのではなく、備わっている成分同士の見事な連携プレー。合成界面活性剤やその他の添加物のチカラを必要とせずとも、きっちり不活化させてしまいます。

GSE製品を選ぶ時は、残留農薬(塩化ベンゼトニウム:BZT-C1、塩化ベンザルコニウム:BZK-C1)、防腐剤(トリクロサン、メチルパラベン)が検出されていないと明記のあるものが安心です。家事育児に日常の幅広い用途にも、ペットのお世話にも活用できます。

GSEの除菌メカニズムは、グレープフルーツ種子抽出物に本来から備わる優しい「界面活性成分」と脂肪酸フラボノイドによる「浸透圧」との連携プレー。最初から備わっている仕組みというのがスゴいですよね。ここでは割愛しますが「抗菌力」を備えているのもGSEの大きな特徴です。

今回はGSE(グレープフルーツ種子抽出物)についてのマメ知識でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK