グレープフルーツが苦手な猫様でもGSEなら猫またぎなし

癒やしのペットの猫様ですが、猫様にとってはグレープフルーツなどの柑橘系は苦手、と言うよりも中毒症状を起こすほど禁忌な物なのです。

なんと、アロマオイルが原因での中毒症状もあるほどです。

ニオイがダメ。

猫様は酸っぱいニオイを嫌う傾向があるようで、これは野生だったときの名残とも言われ、身を守るための本能の部分でもあるということです。ただ、近年は家飼いが多くなり、家族がそばで柑橘類を食べたりするので、ニオイを嫌がらない猫様も増えたようです。

食べるのがダメ。

猫様は成分である「リモネン」を分解できないのです。

これが、アロマオイルでの中毒症状の原因とも言われています。

解決!

GSE(グレープフルーツ種子抽出物)は種から抽出した物です。ここにはリモネンは含まれていません。もちろん柑橘系の匂いもありません。たとえ猫様がなめてしまっても問題はありません。アメリカでは人間のサプリメントとして流通していますし、アメリカで生活されている方から「GSEは飲み物」と認識していて、除菌抗菌剤で扱っていることに驚かれました。

以前も猫様の除菌できたら良いな、とか、猫様トイレの臭いをどうにかしたいな、というご相談を受けたことがあります。

アルコール消毒ではだめなのですか?と。当社は獣医師ではありませんし、エビデンスでしかお答えできませんが、獣医の方が仰るには、基本的には直接でなければ揮発してしまうので問題はないとのことです。ただし、鼻や目の周りなどのデリケートな部分はもちろんダメです。人の手肌のタンパク質を壊して手荒れするくらいなので、刺激・痛みなどを伴うことがあります。飼い主の手指消毒には問題ありませんが、直接猫様へのケアにはNGです。

ということもあり、「ねこの気持ち」にもご紹介いただきました。モノカ動物病院の先生がご使用くださっているとのことです。獣医の先生がご使用いただけていることは当社にとってもとても安心です。

人にも猫様にも、そして家族であるいろんな種類のペットにも安心安全のGSE(グレープフルーツ種子抽出物)はグレープフルーツ自体の防衛本能から生まれたものなのです。