化学物質過敏症でお悩みの方が除菌剤を選ぶなら、添加物不使用のGSE(グレープフルーツ種子抽出物)の除菌剤がオススメという話

「化学物質過敏症」には様々なものがあります。例えばシックハウス症候群もその症状のひとつです。東京都福祉保健局によると、「最初にある程度の量の化学物質に暴露されるか、あるいは低濃度の化学物質に長期間反復暴露されて、一旦過敏状態になると、その後極めて微量の同系統の化学物質に対しても過敏症状を来たす者があり、化学物質過敏症と呼ばれている」とあります。

「暴露」とは、さらけ出すとかむき出しになるという意味から、有害化学物質などの危険に身体がさらされることを意味します。

化学物質過敏症の症状の一例

  • 自律神経障害:発汗異常、手足の冷え、頭痛、易疲労性
  • 内耳障害:めまい、ふらつき、耳鳴り
  • 気道障害:咽頭痛、口渇
  • 循環器障害:動悸、不整脈、循環障害
  • 免疫障害:皮膚炎、喘息、自己免疫異常
  • 運動器障害:筋力低下、筋肉痛、関節痛、振せん
  • 消化器障害:下痢、便秘、悪心
  • 眼科的障害:粘膜の刺激症状、調節障害、視力障害
  • 精神障害:不眠、不安、うつ状態、不定哀訴

症状を見ると、ちょっと調子が悪いのかな?と思いがちなものも多く、明らかな原因がある場合以外は案外気づきにくいものかもしれません。

では、シックハウス以外の原因とは。

新潟県のWebでは洗剤、柔軟剤、アルコール消毒剤、芳香剤などの日常生活で私たちが何気なく使用しているものに含まれる化学物質に接触することとあります。

認定NPO法人で化学物質過敏症支援センターがあるくらい、身近な症状なのです。

毎日の洗濯や、殺虫剤や消臭剤など、1回ではなんともないことが回を重ねることで、症状が出てくることもあるのです。

消毒や除菌が当たり前の世の中になったことも一因かもしれません。アルコール消毒は苦手だったり、皮膚などが反応をおこしてしまったり。次亜塩素酸も塩素のアレルギーが発症した、という事例もお客様にもいらっしゃいました。

数ある除菌抗菌剤とは異なり、添加物不使用のたった2つの成分のみで作られているGSE(グレープフルーツ種子抽出物)なら化学物質過敏症の方も安心してご使用いただけます。

グレープフルーツ種子から抽出したオイルとお水だけでつくったGSEはアレルゲンもなく、刺激もありません。においも無いので、「ヒリヒリ・クラクラ」することもありません。

ただし、商品化されたGSE(グレープフルーツ種子抽出物)は裏書の成分にご注意を。

「水と油」なだけに、混ぜるためにアルコールが入っていたり、別の化学物質が添加されていたりすることがありますので、化学物質過敏症の方は十分ご注意ください。