R,Yamaguchiの記事一覧

高齢者住宅新聞 2019/05/29号にシトラファインが紹介されました。
高齢者住宅新聞 2019/05/29号にシトラファインが紹介されました。 除菌効果1ヶ月持続 天然素材100%で安全・安心 既存の除菌商品には「肌に刺激がある」「臭いで体調変化を起こす」「除菌できないものがある」などの問題点があったので、100%安全・安心に使用できる商品を手がけています。 利用していただいている施設か...
ねこのきもち6月号(2019 vol.169)にシトラファインが紹介されました。
除菌抗菌剤シトラファインが、雑誌「ねこのきもち6月号 2019 vol.169」で紹介されました。 「ジメジメする季節は増えやすい!猫にまつわる3つの菌のはなし」のひとつ「猫グッズに雑菌を繁殖させないお手入れ方法」の中で、ココチプラス株式会社が開発・総販売元のシトラファインをご紹介いただきました。 シトラファインは、精...
家庭内の健康被害報告で多くを占める塩素系アレルギーの人は、塩素を含まないGSE(グレープフルーツ種子抽出物)製品で対応できるという話。しかも塩素系製品にはない抗菌も。
  どんなものにも良い所もあれば、そうでは無い部分があるもの。今回は塩素ネタです。後半でGSE(グレープフルーツ種子抽出物)について書きます。 さて、塩素と言えばあのニオイ。子供の頃のプールを条件反射で思い出し安心できる人もいますし、逆にあのニオイをかぐと気分が悪くなってしまう人もいる、あの塩素臭。 気分が悪...
お風呂のカビを健康的になくしたい。除菌できる弱酸性次亜塩素酸水やアルコールではその場しのぎになってしまう。そんな時はやはり抗菌力がものを言う、GSE(グレープフルーツ種子抽出物)の出番です。
  お風呂のカビは手強いです。取っても取っても生えてくる。しかも見た目も気持ち悪い。 お風呂のカビの原因は天井のカビからの胞子が飛んでお風呂の各所に散らばります。と、言う事は、天井のカビを退治すればかなりの確立で壁や床などのカビの発生を抑制できるということです。でも塩素などを使ったものはマスクと手袋が必要で、...
洗濯物の悪臭はモラクセラ菌のフンであり、なかなかしぶとい菌だからこそGSEの抗菌性能が活躍するのです。
  陰干しのせいなのか・・・洗濯機に入れっぱなしになってしまったせいなのか・・・ 夏の猛暑が過ぎ、あっという間に秋雨降りしきり、そして台風の季節になり。洗濯物は毎日溜まるけど、天候が不安定だと部屋干しが増えて、なおかつ臭います。 1度臭ったタオルやTシャツって着ているとニオイがぶり返しますよね。とても不快です...
お弁当は菌との戦いだけれども、それこそ天然成分で抗菌するGSEがおすすめだと思う理由なのです。
  前回、食中毒、特にノロウィルスについて書きました。食中毒の施設発生率はもちろん高いですが、家庭でも発生します。家庭では持込ノロウィルスの他にやはり発生しやすいのが細菌によるものです。 美味しそうに出来上がったお弁当は各自、家から持ち出し、通勤通学などの時間、昼食として(もしくは夕食もあるかも)お腹の中に入...
ノロウイルスなどの食中毒の処理にも使える代表格「次亜塩素酸系除菌剤」と、自然由来の「GSE系除菌剤」とを比べると、除菌後に「抗菌」をするかしないかの大きな違いがあります。
  食中毒といえば、すぐ思い浮かぶ1つに「ノロウイルス」があります。ノロウイルスは感染力が強いので、後処理をきちんと行わないといけません。後処理に使う除菌剤は、次亜塩素酸系で有名なハイター(アルカリ性)、同じ次亜塩素酸系で弱酸性次亜塩素酸水(弱酸性)などが有名ですが、その他の自然由来成分の中には、あまり知られ...
ひと言でウィルスと言っても種類があるのです
インフルエンザが猛威を振るっている今日この頃、外に出ると右を見ても左を見てもマスク姿で不思議な光景ですね。かく言う私もマスクマンで、移さず移らずを心がけています。 インフルエンザはウィルスです。実はウィルスにはDNAウィルスとRNAウィルスとあるのはご存じですか?名前の通りDNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)...
布も木も触り心地はザラザラ。だから家電もザラザラがいいのです
  一時期白い部屋が流行りました。モダンでつるっとした感じのお部屋。でもちょっと味気ないな~なんて思っていました。白は白でもパリっぽい質感や暖かみのあるお部屋はいかがですか?今はいろいろなインテリアを皆さんが楽しむ時代ですよね。お手軽に揃ったり、こだわって調べる手段も雑誌・WEB・はたまたTVでもたくさんあり...
緊急事態だからこそ、除菌パウダーの真価が発揮できる
つい先日、空間清浄システムJ-BOYを全館で使用していただいているお客様のところでノロが発生しました。インフルエンザもノロウィルスも感染経路や侵入経路は本当にわかりにくく、いろんな手立てを講じていても発生することがあります。 第一報は早朝でした。当日お伺いのアポを取っていたのですが「緊急事態、ノロ発生。本日は無理かもし...
インテリアでダイエットを後押しできるなら、模様替えの価値がグンと上がりますね
インテリアでダイエット。単刀直入に言うと、色でダイエット。 ダイニングに赤色を使うと美味しくご飯が食べられる。これは誰もが知っているであろう事ですね。逆に食欲がなくなる色は・・・。本当になくなる色は紫や赤紫。黄緑なんかも食べ物が不味く感じる色なのです。そこまでしなくても青色で食欲を抑える程度でもナチュラルダイエットには...
経費削減とイニシャルコストのジレンマ
経費削減はしたい!でもそのためのイニシャルコストはかけられない。 先行投資という言葉もありますが、程度にもよります。 病院や介護関係は医療報酬や介護報酬の改定など、大変です。 一般の会社様もいかに経費の削減をするかは永遠に続くテーマですよね。 「増収」が先か「削減」が先か。 どちらも推し進めたいところです。 一部報道で...
感性を駆使しなくても簡単色合わせ
お部屋に置く物の色で悩むことって多いですよね。布物、箱物、オブジェ、家具・・・それぞれに選び方が違います。なぜ選び方が違うのか?それは色は大きさによって見え方が違うから。 よく、小さなサンプルから色を選んで購入して、届いた物、特にカーテンやジュータンに多いかと思いますが「あれ?こんなの選んだっけ?」とか「想像していたの...
色と匂いは同じ回路で処理されている、意外と密接な関係なのです。
東北大学の教授の研究結果の記事を見ました。簡単に書いてありましたが、視覚と嗅覚の記憶は脳の同じ回路を使っているという研究でした。同じ部分で処理をされていると言うことでした。 色は視覚です。匂いは嗅覚。資生堂さんの研究報告でもレモンイエローはシトラス、ダークレッドはオリエンタルなど、その色を見て匂いを想像、もしくは逆に匂...
クラッシックと家電は真逆。だから素材が大切
クラッシックのインテリアは本物のアンティークを使う場合とレプリカを使う場合があります。どちらを使用したとしても家電との相性は・・・そんなに良い方ではないでしょう。 そもそも時代感が全く違いますよね。タイムマシンで未来から来た感じです。WoodとFRPの違いってのび太の時代とドラえもんの時代ほど差がある気がします。 クラ...
脇役は単に目立たなければいいという事ではないと思う
皆さんの「こだわり」はどんなことですか? 生活感を出さないように!とか、物を置かない!とか。逆に好きな物、気に入った物をどんどん素敵に飾りたい方もいらっしゃいますよね。「物」なのか「事」なのか「色」なのか・・・それが何であれ、そのこだわりを中心にインテリアを組み立てますよね。 主役がいると脇役もいます。主役を引き立て、...
高齢者住宅新聞に取材していただきました9月7日号
21世紀医療課題委員会で取材された高齢者住宅新聞の担当者さんが、メディカルツーリズムを題材に取材をして下さいました。 私が現在進めているのは、中国からのお客様へのメディカルツーリズムです。簡潔に、でもわかりやすく記事にしていただいています。当たり前だとは思いますが、「すごい!」と思いました。₁時間半くらいベラベラと話し...
活動的な晴天の青い光とリラックスのロウソクの赤い光
照明には青い光から赤い光まであります。色温度と呼ばれていますが、色温度が高いと青、低いと赤になります。一般的に昼光色蛍光ランプの光は正午の太陽光なのでとても活動的ですね。逆にもっとも赤い光はロウソクの色。すごくリラックスできる光です。 色温度が高い方からいくと、1、晴天の空。2、グレーっぽいかと思いきや青っぽい曇り空。...
一般的にオブジェってあまり家にないと思いますが、家具や家電で意外と簡単にオブジェ化できるんです
撮影で創るインテリアやモデルハウスなどではオブジェといわれる飾り物を多用します。が、一般家庭では、あるけれどもそんなにメジャーではないかな?とも思います。特に大きな物は置きにくいですよね。大きなオブジェ。ヴィーナス像とか考える人とか・・・。いえいえ、そこまでの物は置かないとしても、ある程度の大きさのオブジェは簡単におけ...
高齢者住宅新聞に掲載されました
少し前になりますが、7月10日にありました、21世紀医療課題委員会が主催する公開ディスカッションに登壇させていただいた際の記事です。 先日改めてメディカルツーリズムのこと、中国のことなどを取材して頂きました。 内容はまた記事が出ましたら、おしらせします。
中国の広さとまだまだ終わらない可能性を感じた中国出張 その3上海
今回の中国は上海ステイでした。本当の意味で上海はステイのみで、ほとんど上海にいなかったので散策もできず、買い物もできず。唯一、晩ご飯を食べに行けたのは2日目の夜。今回、ご一緒したのは歯科の関係の方々。お知り合いの方が上海で技工所をされているとのことで、その方々に私も入れていただきました。 上海は中国の失礼なイメージは瞬...
中国の広さとまだまだ終わらない可能性を感じた中国出張 その2無錫
第2天(中国語で二日目の意味だそうです)は朝から無錫(むしゃく)へ向けて大型バスで移動しました。前日の南京より近いとわかっていたので、少し気楽な出発です。とは言え、事故渋滞もあり、お昼くらいに到着。 日本でも超有名な某ハウスメーカーさんの無錫プロジェクト。街を作っています。できたばかりでとても綺麗です。 長時間のバス移...
中国の広さとまだまだ終わらない可能性を感じた中国出張 その1南京
お盆時期、どの交通機関も満席オンパレードの中、中国出張へ行ってきました。目的地は上海から南京と無錫(むしゃく)です。南京は日本人なら歴史で必ず聞く地名。無錫は80年代に緒方大作さんが「無錫旅情」という曲を歌っていました。その無錫です。中国の地図で見ると、かなり近場の3点に見えました。 この度のミッションは①南京市の企業...
差し色とは変化をつける為のアクセントなので、気分によって変えても良い物なんです。
少ない色数でインテリアをまとめることがあります。モノトーンなどはその代表格。2~3色を使って、さらにその色達のグラデーションでまとめる手法ですね。本来、壁や天井・床など基調となるベースカラーに家具やカーテンなどのアソートカラーを入れた状態でまとめているんです。モノトーンやナチュラルでよく見ます。少しアクセントが入ってい...
中国メディカルツーリズム 起こりがちなトラブルは勘違いというお話をしました
第35回 21世紀医療課題委員会の公開ディスカッションでプレゼンターとしてお話させていただきました。公開ディスカッションのお題は「蘇るか!?新しい医療ツーリズム その課題を考える」です。 私は「中国メディカルツーリズムの目指すべき形 起こりがちなトラブルは勘違い」というお話をしました。 株式会社JTB ジャパン・メディ...
モダンでない男っぽいインテリアに合う家電はやっぱりガサガサ系ですかね。
メンズインテリアと聞くとモダンでしゅっとした感じをまず思い浮かべるのではないでしょうか。女性より男性の方がこだわりが強い方も多く、あまり物を置かずしゅっとしたスマートでシンプルなインテリアが多いですよね。でも、自然を愛し、ユーズドを愛し・・・なガサガサ系こだわりメンズインテリアっていうのも素敵です。私自身もコンセプトが...
呼吸を感じる素材、カントリーの代表格のパイン材。
カントリーのお部屋やペンションなどに定番のパイン材の家具。角が落としてあって、丸みを帯びて優しい風合いの物が多いですね。パイン材は色をあまり嫌わないので色合わせも難しくないです。 パインとは松のことですが、パイン材というと木目だったり節だったりが綺麗で、素材も柔らかいから加工もしやすいです。アンティークパインは何とも言...
体感温度±3℃を操る、色のインテリア
色の持つ力はいろいろありますが、そのうちの1つに体感温度のコントロールがあります。暖色と寒色で体感温度±3℃なんです。 この3℃は室内温度に対して±3℃です。ということは、同じ部屋で暖色バージョン・寒色バージョンを立て続けに入ることができたら、その差は6℃??すごい差ですね。そもそも赤やオレンジは太陽など火のイメージ、...
子供の感性を伸ばす(と言われている)大人シックな子供部屋
感性に限ったことではありませんが、子供もオトナも刺激が必要なようです。刺激にいはいろいろありますが、インテリア的には視覚の刺激ですね。 赤ちゃんは生まれたときはほとんど目が見えないと言われています。実際うちの娘もそうでしたが、ぼんやりと空を見つめ、眩しそうな感じもなく近くで手を動かすとかすかに追う。そんなものでした。徐...
「やる気スイッチ」とはモチベーションアップであり3番目くらいの欲求と思う
人間誰しも浮き沈みがあって、ムンムンのやる気でサクサク物事が進むかと思えば、ぐるぐる同じ所を回ってしまって時間だけが無情にも過ぎていくということも。いつもサクサク進むように出来ないものかと考えますが、なかなか上手くはいきません。 いつも物事の進みを最上にコントロールはできないけれど、せめてモチベーションアップしてやる気...